花咲 圭祐

株式会社
スタイル・エッジ
執行役員 人事部長
株式会社
スタイル・エッジREALTY
取締役
2011年中途入社

どんな仕事をつくり
どんな会社をつくるか

入社2年目。
たった2人の新規事業部。

各専門家とのネットワークを持ち、法律等の専門知識の蓄積もある。これまでのスタイル・エッジの強みを活かす形で、2012年、不動産事業はスタートしました。法律の知識が必要となる不動産売買を専門に、相談者の課題を解決する仕事です。その立ち上げメンバーとして抜擢されたのが、当時入社2年目だった私。ビジネスモデルもノウハウもない中で、スタイル・エッジのクライアントである司法書士や弁護士の先生方など、様々な方面からの力添えをいただきながら、現在社員が増え、支店は名古屋・大阪・福岡と全国へと広がりました。

自ら経営者となって、
会社をつくる面白さ

グループ会社として設立した当初は、事業の土台をつくるのに必死だった私も、今はイチ企業の執行役員として、経営のすべてを担う立場。日々、事業だけでなく組織の仕組みや制度の制定まで、新しいことの連続です。クライアントの事業や組織づくりに携わったことはあったけれど、自社で、しかも自らが主導で会社を経営するのはもちろん初めて。会社の仕事、判断の全ての責任が自分にあり、しかしだからこそやりがいの大きい、楽しい仕事になっている気がしています。与えられた仕事をどのようにこなすかだけではなく、自らどんな仕事をつくり、どんな会社をつくるか。ゼロから何かを生み出すことはさらに面白い。そしてそれにトライさせてもらえるチャンスのあるスタイル・エッジというフィールドだったから、私は今、より仕事を楽しみ、よりいっそうの成長を実感できているのだと思います。