山岡 泰勝

株式会社
スタイル・エッジ
第1コンサルティング
事業部
マネージャー
2011年中途入社

自社の経営
クライアントの経営
両方やるから
強みになる

コンサルティングとは、
「困った」と向き合うこと。

コンサルティング業務の本質。それは、クライアントの中にある「困った」を追求し続けることだと私は考えています。たとえばクライアントから、「売上が伸び悩んで困っている」という相談があったとき。広告等を大量にうって、一時的に売上をのばすことももちろんできますが、それは長期的に見て「困った」を解決していることにはなりません。私たちがやるべきは、「売上が伸びない」という「困った」の根本原因を探り、その原因そのものを解決していくこと。本当の原因は集客方法なのか、サービスの質の問題なのか、それとも人材育成が上手くいっていないことなのか。あらゆる可能性を考慮し、複合的なアプローチを行います。そうすることで、ひとつの「困った」がもっと大きな経営改善につながっているのだと信じています。

経営に正解はない。
自らの経験が
お客様のチカラになる。

コンサルタントとしての視点はもちろんですが、自ら経営を行うスキルというのも、スタイル・エッジでは鍛えられていると感じています。その経験をしたのは、過去、支店の立ち上げ業務を任せてもらったときのこと。支店における売上目標や戦略立てはもちろん、現地での人の採用や教育、事務所づくりなど、まさにひとつの企業をゼロから自分で立ち上げる感覚でした。正解のない中で試行錯誤することや、初めて接するメンバーをいかにマネジメントするかに頭を悩ませること。自らその環境に身を置くことで経営を見つめることができたと感じました。自らの経営視点を磨きながら、またそれはクライアントの経営改善を行う際にも還元されていく。その双方の経験ができることが、スタイル・エッジで働く魅力のひとつだと思います。