三浦 由梨子

株式会社
スタイル・エッジ
人事部新卒採用チーム
チームリーダー
株式会社
スタイル・エッジREALTY
家づくりカウンターsumu
事業責任者
2016年中途入社

入社前と
入社後のギャップ
それは想像以上に
なんでもできること

「で、どうしたいの?」
が当たり前。
走る道を自分で決めるから、
不安や失敗すら楽しめる。

現在は、新たに始まった不動産紹介カウンター事業の事業企画を担当しています。事業の名称を考えるところから、集客や人員、売上計画まで、事業を動かしていく上で発生すること全般に携わっています。実はこの事業、入社半年で任されることになったのですが、事業の方向性について社長に相談した際に言われたのが「で、三浦はどうしたいの?」という言葉。与えられている裁量権の大きさに驚き、それに伴う責任の大きさを自覚した瞬間でした。だからこそ意識しているのは、何か一つ判断をする際にも本質を見失わず「この事業をどうしていきたいのか?」「これで本当にお客様に喜んでもらえるのか?」ということに立ち戻りながら決定していくこと。考える範囲の広さや影響力の大きさに不安になることもありますし、自分が妥協したら妥協したものしかできないという危機感があるので、常に全力です。そのぶん、全力で取り組んだ結果も目に見えるので、“一人でも多くの人の悩みを解決する”というミッションのものと、試行錯誤しながら結果を出していくことにやりがいを感じます。

何から何まで自分でやる。
新しいことに
常にワクワクできるか。

私がスタイル・エッジに入社した理由は、総合コンサルとして携わることのできる仕事の領域が広く、この会社で学びたいことが沢山ありそうだったから。その期待は、いい意味で裏切られます。手をあげれば、それがたとえ今まで取り組んだことのない分野であっても任せてもらえる会社でした。失敗してもいいからとりあえず動いて、軌道修正をしていけというのがスタイル・エッジのやり方。考えすぎて行動が遅くなるよりも、どうしたらより良くなるかを動きながら考えるようにしています。また、大企業であれば部署も細分化され、手を動かすのは外部ということも少なくありませんが、スタイル・エッジでは、一つの事業の川上から川下まですべて関わることができるので、 “事業をつくる”、“事業を成長させる”ためのノウハウも身につけることができます。実力以上の仕事や成長する機会を際限なく与えてもらえるこの環境、そして一緒に働く仲間に日々刺激を受けています。