S.M

2014年 新卒入社

第一コンサルティング事業部
 リーダー

Challenge , Idea, Innovation.

挑戦
でイノベーションを起こす

入社以来5年間、「やってみないとわからない。やらずにできるわけがない。」の精神で取り組んできました。次々に立ちはだかる壁にひるむことなく挑戦し続けることで、今日まで乗り越えてきました。今、また新たな壁が見えてきましたが、これまで通り挑んでいきます。僕は「Challenge」でイノベーションを起こします。

入社5年目、クライアント事務所内の
新事業部立ち上げを全面サポート

スタイル・エッジへの入社理由は?

就活時の自己分析の結果、自分には会社選び・仕事選びの軸が三つあることに気がつきました。一つ目は、製品や商品を売るのではなく「あなたにお願いしたい」「あなたと話したい」といった感じで、自分自身が商品となるような仕事がしたいということ。二つ目は、お客さんから直接「ありがとう」と言ってもらえる仕事に自分はやりがいを感じること。そして三つ目は、若い頃から責任ある仕事を任せてもらうことができ、自己成長できる環境があること、でした。とにかく、自分自身にしっかりと力をつけておけば、どんな状況におかれても時代の荒波を生き抜いていけるはずだ、と思っていました。だからこそ挑戦する機会がたくさんあり、否が応でも成長していける職場環境を探していました。

そんな中で、スタイル・エッジと出会い、会社説明会や面接を通じて「ここでなら三つの軸のすべてとマッチする」と確信できたことが、主な入社理由になります。さらに当時のリーダー陣が、みんな20代後半くらいでイキイキと責任を持って仕事をされていて、若いうちから裁量をもって大きな仕事ができるんだ、といった将来のイメージが持てたことも大きかったです。

仕事におけるミッションは?

クライアント事務所の新事業部の立ち上げと、部を支えてくれているメンバーのマネジメントです。

特にいま注力しているのは、電話応対力の向上です。今この事業部では、悩みを抱える方からの電話を受け、クライアント事務所の先生に取り次いでいく、という集客の部分を担っていますが、前提として電話先の方は、一生に一度あるかないかの悩みを、数ある事務所の中から選んで相談してくださっています。そのため、受け手としては相手の立場に立って共感することや、寄り添う姿勢が大事になるのですが、一方で、できること、できないことをしっかり見極め、その方に対して時に厳しく現実的な話をすることも、とても大事なミッションなんです。ただ、そういうことってなかなか伝え方とかが難しくて…。なので、日々多くのメンバーから相談が入ってきます。それらに対してアドバイスをしたり、一緒に考えたり、ロールプレイングを繰り返してレベルアップを図ったりしながら、ひとりでも多くの方の悩みを解決に導けるよう、メンバーと共に毎日奮闘しています。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

元々は、相談者の方からの問い合わせに応対し、直接「ありがとう」と感謝される瞬間にやりがいを感じていました。実は少しだけ別の部署にいたこともあるのですが、どうしても相談者の方からの「ありがとう」が聞きたくて、こちらの部署に戻りました(笑)。

新事業部の立ち上げは、自ら希望して異動した直後の大仕事だったので、本当に熱が入りましたね。集客の仕組み作りや、問い合わせ増加の対応策検討、メンバー向けの研修の作成…と、考えつくことは「とにかくやってみる」精神で取り組んできました。結果、新事業部立ち上げから半年ほどで、問い合わせ件数が4倍近く増加。悩む方々の力になれる数が目に見えて増えてきたことに加え、その応対がしっかりできる組織になっていたことが、本当に嬉しく感じました。そんな背景があるので、今はチームのメンバーが目標を達成して喜んでいる姿を見るときが、マネジメント冥利に尽きるというか、一番やりがいを感じますね。

とある1日のスケジュール

  • 9:00

    常駐している事務所に出勤

    まずは、今日のタスク確認やメンバーからの日報をチェック。

  • 9:30

    問い合わせ対応やメールチェック

    自身でも対応しつつ、随時メンバーからの相談を受けて対応をサポート。

  • 13:00

    ランチ

    事務所の代表とランチにいくこともしばしば。

  • 14:00

    新人研修

    入社してきた新人の電話対応のロープレ実施など、実践的にレクチャー。
    もちろん、この間も、メンバーから入ってくる相談などには随時対応。

  • 17:00

    チームミーティング

    事務所の体制やお客様への対応をよりよくするために意見を出し合う。

  • 18:00

    メンバーとの個別面談

    業務の困りごとや、日々の悩みなどを聞き、改善に向けての動きを検討。

  • 19:00

    問い合わせ対応やメールチェック

  • 20:00

    退勤

    まっすぐ帰宅し、ご飯を食べたら、翌日に備えて睡眠時間を確保。